誰よりもExcel好きな「EXCEL女子」新入社員研修 講師”えりさん”。~学びの鍵はロジカルシンキングで理解する~

こんにちは。ライターのマキです。

7月になり梅雨も明けて、いよいよ夏本番ですね。
コクーは7月を期初としていますので、夏と共に新しい年度の始まりを迎えました。
新しいメンバーも加わり、今年度は社員数 306名でのスタートとなりました!

そして、今月も入社された方のために各事業部ごとに用意されている「事前研修」が始まりました。ITインフラ事業本部では「VeXUS(べクサス)」、EXCEL女子事業本部では「Excel研修」、デジタルマーケティング事業部では「76カリキュラム」、RPA事業部では「RPA女子事前研修」とコクーには様々な研修があります。

今回は「Excel研修」を担当し、多くのEXCEL女子にExcelの基礎を教えてきた”えりさん”に「Excel研修」では何を学べるのか、講師として教える際に大事にしていることを聞いてみました!

プロフィール

ニックネーム:えりさん
入社日:2016年5月15日
所属部署:EXCEL女子事業本部 教育グループ
役職:グループリーダー
経歴:新卒で電機メーカーに就職し、部長秘書として勤務。その後、PCスクールのインストラクターに転職。一度は出産、育児を機に仕事を離れるが、息子が幼稚園に入園したタイミングでOfficeソフトのインストラクターとして復職し、約8年勤務。
その後、土日休みの事務職を希望し、転職活動を始めたところOfficeソフトで一番好きなExcelに特化した「EXCEL女子」に出会い、2016年コクーに入社。コクー入社後は出版会社で総務・労務担当として従事。2019年8月の教育グループの立ち上げとともに「EXCEL女子」の入社者研修を開始。Excel初心者にとって頼もしい指導者であり味方と評価も高い。
趣味はスキーとアクティブ!いつもネイルがおしゃれで新作ネイルを楽しみにしている社員も。

EXCEL女子の入社者が受講する「Excel研修」

マキ
EXCEL女子に「教育グループ」ができて間もなく2年になりますね。
えりさんは「教育グループ」の立ち上げの時からEXCEL女子の教育に関わってこられたのですよね。

えりさん
はい。もともと私がPCスクールのインストラクターを長年勤めていたということもあるのですが、コクーに入社してすぐにEXCEL女子の知識やスキルを一定のレベルに揃えるために教育チームをつくりたいと提案して、それが実現したのが2年前。今では社内研修だけではなく、研修を外販し、新卒向けからデータの集計や分析を行えるようなカリキュラムまで企業様ごとの課題解決を目的とした「企業研修」の講師も担当しています。

マキ
EXCEL女子の研修には、IT企業から広告代理店、アパレルなど幅広い業界で活躍しているEXCEL女子のノウハウが詰まっていますからね。
新入社員の方が受講する「Excel研修」とはどのようなものですか?

えりさん
研修期間は6日間。最初の3日間でExcelの基礎から応用までを体系的に学習します。その後、後半の3日間でEXCEL女子の必須資格である「Microsoft Office Specialist(MOS)」の対策を行います。入社半年以内にMOS Excel Expertの資格を取得することがEXCEL女子のミッションでもあるので、MOS Excel Expertの内容を理解するためにさらにExcelの機能や関数の知識を深めていきます。

マキ
なぜEXCEL女子ではMOS Excel Expertの資格取得をミッションにしているのですか?

えりさん
お客様先においてもEXCEL女子が一定のスキルを持つことを証明できますし、安心して仕事をお任せいただくためです。
資格を取得し知識を得ることでEXCEL女子も現場で自信をもって業務にあたることができます。

マキ
確かに、資格はスキルの明確な基準になりますね。その中でも最適な資格がMOS Excel Expertなんですね!
EXCEL女子には「Prime(プライム)」という社内研修チームもありますが、Primeとの違いは何ですか?

えりさん
入社時にまずMOS Excel Expertの内容を理解しているレベルに育てるのが「Excel研修」で、現場に出てからもっとスキルアップしたいと向上心を持って頑張る人を助けるのが「Prime」が行っている「EXCEL道」。現場でわからないことがあった時に教えてくれるのも「Prime」ですね。
教育グループが担当するのが「Excel研修」で、EXCEL女子の有志による社内教育担当チームである「Prime」が毎月メンバーのスキルアップを目的として開催するのが「EXCEL道」です。私は「Prime」のメンバーでもあります。

マキ
えりさんは、入社時も現場に出てからもEXCEL女子にとって頼りになる存在なんですね!

「覚える」ではなく「理解する」ことが大事

マキ
研修を受ける時に大事なことは何だと思いますか?

えりさん
「覚える」ではなく、自分で考えて「理解する」、ということだと思います。

マキ
「理解する」とは?

えりさん
「なぜその関数を使わなければならないのか」、「なぜその関数の引数にその範囲をいれるのか、条件をいれるのか」が分かっている、ということです。
PC全般がそうなんですけど、Excelももとがデジタルのものなので、理由があるからこそ、その操作をします。何となく先輩から教えてもらったからそうします、ではなくて、なぜこの数式をたてるのか、条件をつけるのかを理解したうえでその数式をつくって欲しいと思っています。実は、その辺が曖昧なままExcelを使用している人が多いと感じています。その時々は何とかなっても、理解していないから応用がきかないのです。

マキ
それはよく分かります!Excelが理解できていないと毎回毎回やり方を調べないといけなくて、その場しのぎになってしまいますよね。
えりさんが受講者の方々が「理解する」ようになるために工夫されていることはありますか?

えりさん
入社者研修の際にはまだお客様先が決まっていないEXCEL女子も少なくないので、どの業種にいっても対応できるように他社の研修では1日で終わる内容を1.5日から2日かけて細かく説明します。
その際、なぜこの操作をするかを逐一説明しています。例えば、Excelには「選択したものの左」「選択したものの上」というルールがあります。そのため、行挿入は選択行の上に、列挿入やシート挿入は選択されているオブジェクトの左に挿入されます。このルールを知らないと、思った場所に行が挿入できないため、やり直す必要が出てしまいますよね。ですので、行を挿入するときに選択する行が「なぜ」この行なのか、その部分を理由とともにお伝えしています。
Excelを操作するにはロジカルシンキングが必要だと思います。Excelの操作にはすべてその操作をする理由があるので、「なぜ」を常に意識して講習を受けていただくと良いのではないかと思います。

マキ
なるほど。「なぜ」や「どうして」が大事なんですね。

えりさん
そう思います。普段何気なく行っていることすべてに、皆さんそれぞれの理由があるはずなんです。Excelの操作においてもそれは同じと思ってください。Excelのクセを「理解」するために「なぜ」を追求する。そうするとExcelを使って仕事をすることがもっと楽しくなります。

マキ
受講生からは研修の感想で「分かりやすかった」、「現場に出る前に学べて良かった」という声をよく聞きますが、研修で心がけていることはありますか?

えりさん
そのように言ってもらえるのはとても嬉しいですね。
研修で心がけていることは、皆さんの様子をよく観察することです。観察していると、理解できているのかどうかが講師の私にもわかります。観察しつつ、誰もが経験したことがあるであろう例え話などを織り交ぜながら、皆さんの様子を見て表現を変えたりしています。また、操作説明も理解度を見ながら補足の知識を伝えるかどうか判断しています。同じ内容、同じ説明で理解できる人、そうではない人がいるので、その方に合った表現方法やタイミングに合わせて説明するように心がけています。
あとは休憩時間も席を外さず雑談をしたり、話しかけやすい雰囲気つくりを大切にしていますね。

Excel と EXCEL女子の魅力

マキ
これは聞いた話なのですが、えりさんは「Excelが好きだから、EXCEL女子になった」というのは本当ですか?

えりさん
それは本当ですね。EXCEL女子という名前のインパクトが決め手でした(笑)
Officeソフトの中で一番好きなソフトがExcelなので、Excelに特化した事務というのがとても魅力的でした。

マキ
手に職をつけたくてExcelのスペシャリストを目指してEXCEL女子になったという話はよく聞きますが、初めからExcelがお好きだったんですね。Excelはどんなところが魅力ですか?

えりさん
めちゃくちゃ面白いですよね。一日中数式とにらめっこするのが楽しいです。
これを出すためにどうやって道筋をたてればそこにたどり着くか、どうやって料理しようか、と考えるのが楽しいですし、出来た時の達成感がいい。私ってすごい!と思えます。

マキ
やはりロジカルシンキング、ですね!
えりさんにとって、EXCEL女子のメンバーはどのような存在ですか?

えりさん
EXCEL女子のメンバーはスキルアップに意欲的な方が多く、また得意分野も違うのでいつもたくさんの刺激を受けています。
面倒くさがり屋の私のやる気を引き出してくれる、そんなメンバーがたくさんいます。自分はまだまだだな、といつも思っていますよ。私にとってメンバーは「目標にすべき良いお手本」です。

研修を終えて、もっと成長したいと思えるように

マキ
それでは、これから「Excel研修」を受講される方に一言お願いします!

えりさん
研修の最初に「テキストの目次を覚えてください」とお伝えしています。
6日間の研修でかなりたくさんの内容を学習しますが、すべての操作を覚えることは無理だと思います。操作方法はネットにも載っているので、「Excelで何ができるのか」を覚えて欲しいですね。
400以上ある関数の中で研修で取り上げるのは30か40ほどです。ですが、全ての関数において考え方は共通しているので、関数(数式)の組み立て方を「理解」していれば未知の関数がでてきても使えるはずです。
イレギュラーが起きても対応できるように、そしてその先もっと成長していけるようにしてあげたいというのが教育グループの思いです。
今後は、教育グループのメンバーを増やして教えるチームをつくり、VBAやAccessの研修等、もっと研修の内容を充実させたいと考えています。

マキ
最後に、これから転職を考えている方、これからコクーへ入社される方へメッセージをお願いします!

えりさん
業務形態は派遣なので働く場所はメンバーそれぞれ違いますが、メンター制度やアメーバ組織での活動、部活やESGなどコクーの社員とかかわる活動がたくさんあります。その中で良い刺激になってくれる先輩や同僚が必ず見つかるはずです。
みんなアットホームで、新しい仲間を迎え入れる体制は常に万全です。一緒にスキルアップしていく仲間として、ぜひ私の背中も押してください!

 

コクーでは、一緒に働く仲間を募集しています。
みなさまのエントリーをお待ちしております!

>関連記事:入社者の心強い味方!働く仲間をサポートするEXCEL女子の「メンター」について聞いてみた~

>関連記事:働くママ&パパをサポートして、社員の家族も笑顔にする「ままさぽ」プロジェクト!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です