黒澤監督最新作!一次~最終面接までをリアルに語る!入社して間もない私がぶっちゃけます!

こんにちは。デジタルマーケティング事業部(通称:デジマ) 人事の石田です。

最近デジマに入社した社員 黒澤さんこと黒澤監督!
私が勝手に 『黒澤監督っっっ!!』って呼んでいます(笑)・・・そんな黒澤監督から最新作のお届けです!!

現在 ”女の転職” という転職媒体で募集しているデジマですが、皆さんが緊張されるであろう面接をリアルにお届けできればと思います!!

「面接ってどんなことを聞かれるのか?」
「なれない環境で緊張する」
「どんな準備をしたらいいの?」・・・など

普段と違った空間ですし、いろんな疑問があると思います。面接を受ける方が少しでも本来のご自分を出していただけるよう、「あ、コクーの面接ってこんな感じなんだ(笑)」と思っていただければ幸いです。

それでは、監督が丹精込めて作成した作品(記事)をご覧ください!
※電車の中やカフェで読んでいる方!変顔にご注意ください!

プロフィール


(※本人の希望で、あえて変顔を掲載しておりますw)

所属事業部:デジタルマーケティング事業部 カスタマーサクセス部 4グループ
入社日:2021年5月15日
あだ名:くろさん、黒澤監督(石田さんだけw)
休日の過ごし方:サブスク動画(ドラマ・映画)を見漁る、ひたすら寝る

5年間総合病院にて医療事務として勤務。その後カスタマーサポートを経て動画配信サービスのアシスタントに従事。月間1000万人以上がアクセスするサービスの莫大なデータの分析サポートを担当。

2021515日入社したばかりの私だからこそリアルが語れる!
コクーに応募した理由。

石田
変顔からのギャップがすごいけども。。。。。

本当に黒澤監督との出逢いは今でも覚えてるよ!なんでコクーに応募してくれたの??

黒澤監督
もともと広告運用に興味があったのですが、様々な求人がある中で未経験だと応募資格でなかなかクリアできませんでした。そんな時に、未経験者にも挑戦できるコクーを見つけて、更にはスローガンや5つの行動指針を知り大共鳴しました!

『for me, for you. ~社員満足なくして顧客満足は成しえない~』は、前職でも会社や仲間が大好きだったのでみんなのためにももっと頑張りたいという気持ちを持てていたため、言語化されることで胸にストンと落ちました。5つの行動指針の中では、特に『できない理由ではなくできる方法を考える』は、まさに自分が日頃から意識していて、何事にも不可能はないと信じているのでそんな思いを持った人たちと働きたい!!と強く思いました。

石田
あら~~~うれしいね!
確かにデジタルマーケティング業界で未経験者歓迎はなかなかないもんね!

面接前に準備したこと、調べたことは?

黒澤監督
よく求人サイトで「社内の雰囲気が良好」風な記載は見かけますが、基本的には疑問を抱くタイプなので、求人サイトの情報は信じずに『コクー 評価』や『コクー 口コミ』など裏側の情報についてググりました。
否定的な情報は特に見つからず、次にコーポレートサイトを閲覧しました。事業部ごとに細かく管理されていて、他社と比べると情報が多くわかりやすく、いい会社っぽいな~とワクワクしました。

デジマのサイトやSNSも見てみましたが、一番リアルなイメージを持てたのは、リクルートサイトとコクーブログでした。
リクルートサイトに「年齢や経験は関係ない」というデジマのわかこさんのフレーズやコクーブログの記事にある『#教えて!先輩! デジタルマーケティング事業部~入社のキッカケとみんなの仕事~』の「未経験領域の仕事にもチャレンジさせてくれる環境がある」 というフレーズでものすごい勇気をもらいました。

入社できた今は、同じようにリアルを探ってる方に向けて私の経験談をお伝えしたい!と思っています。

▼#教えて!先輩! デジタルマーケティング事業部~入社のキッカケとみんなの仕事~

石田
いい会社っぽいな~っていうのが黒澤監督っぽいわ!!
事前にそんなにたくさんのサイトを見てくれたんだね!時間もかかったと思うけど、そこまで見てくれたからこそ、面接であの熱が伝わってきたんだね!!

黒澤監督
はい!現職中に転職活動をしていたのでバタバタしていましたが、第一志望でしたし、今後働く会社はしっかり見ておかないとと思ったのでいろいろ見ました!

コクーの一次面接ってぶっちゃけどうだった??

黒澤監督
一番モチベーション高い状態で臨んだので一番緊張しました。。

ぶっちゃけリモートでの面接だったのでカンペはそこら中にありましたし、答えにくいような意地悪な質問は全くなかったと思います。感覚が鈍いので面接がうまくいったのか?いや、あれは愛想笑いか?と少しネガティブにもなりましたが、終わってみて感じたのは何となくうまくいったんじゃないかな~?という所感でした。

第一希望だったので、ダメだった時に大ショックを受けないよう多少心の準備もしてましたが・・・

石田
そこら中にカンペってwwww
正直だな!
でも目線でばれるからねwそんな変な質問はしていないので、カンペ見てなかったと思うけど!

黒澤監督
wwwwたしかに!
結果的にカンペは見てませんし、緊張していてカンペの存在忘れてました!

石田
そっかww
私がどんな質問したのか覚えてる??

黒澤監督
はい!
自己紹介や志望動機はもちろんですが、印象に残ってる質問は「転職活動において大事にしている3つの軸はなんですか?」だったと思います 。想定していない切り口だったのでビックリしたのですが、その様子を汲み取っていただけたのか、少しお時間もらえて何とか回答しました。何を言ったかもう覚えてませんが・・・。

あとは「なぜ広告運用をしたいと思いますか?」という質問もありました。
前職の動画配信サービス会社で、テレビのCMに似た番宣動画の運用において、従来の配信設計を見直したところ実績が大幅に向上できた経験をしたことからユーザーへの最適な配信でサービスの魅力を伝えるプロフェッショナルになりたいと考えるようになり、そのツールとして広告運用を考えていることをお伝えしました。

石田
実績の向上はすごいよね~!めっちゃ一人で盛り上げって褒めまくった記憶があるw

黒澤監督
石田さんが前職社員の100倍くらい褒めてくれたのですごく嬉しかったです。そんな好意的な反応をたくさんもらえたので緊張も解けてフレンドリーな雰囲気だったことを覚えてます。

私から見て、面接の質問としては、こんな感じでした。

面接の質問 point

■ 自己紹介
■ 転職活動において大事にしている3つの軸 ~会社選びの軸~
■ なぜデジタルマーケティング業務に興味があるのか?
■ 志望動機 ~数ある企業の中でなぜコクーがいいと思ったのか?~


石田
そうそう!
自己紹介・転職理由、志望動機・なぜデジマをやっていきたいのか、特にコクーがいいと思った理由は深堀りして聞いたよね。黒澤監督はサイトも見てくれているし、志望動機が理念共感の部分だったから、さすが!!って思ったね~!

人事として、コクーの価値観(理念、行動指針)に共感し体現できている人と働きたいですね!
理念への共感って、だた理念を覚えているではなく、その理念が自分の行動に置きかえたときに黒澤監督みたいに胸にストンと落ちるのか、同じモチベーションなのかを見たいと思っています。

福利厚生、制度、給与などの環境面だけで企業を選んでいる人は、コクーに合わないかもしれないですね!

一次面接での人事に対しての印象を教えて!

黒澤監督
全ての相槌が明るい!
「すっごーい!」「いいですねー!」「あ~!」という勢いのある反応をたくさんもらえて話している側を気持ちよくさせてくれる人という印象です(笑)

そして私の趣味の ”夏フェス” の話で盛り上がりましたよね!特に茨城で行われるロッキン(ROCK IN JAPAN FESTIVAL)が好きなんですが、石田さんもロッキンに社内の方と行ったという話を聞いて、好きなアーティストの話などかなり個人的な話題で盛り上がりました。他の会社の面接も受けましたが、ここまで個人的なお話しができたのは石田さんだけだったので、お陰で肩の力を抜いて素直な気持ちで話せたと思います。

石田
気持ちよくさせた覚えはないけどねww
ロッキンの話はめちゃめちゃ盛り上がったよね!!この状況下が改善されたらデジマのみんなでいきたいな~~!絶対楽しいよね!!

二次面接の緊張度合いは?

黒澤監督
これまで石田さんとしかコミュニケーションをとる機会がなかったので緊張というか不安な気持ちでいっぱいでした。中島さん(※)は穏やかな優しそうな人という印象で、心の中では厳しいのではないか?!と無駄に勘ぐってしまって更に緊張しましたw
面接が始まって少し経ってからデジマのメンバーについて「珍獣」と呼んでいて笑いました。その頃にはもう心の中で勘ぐらなくなってました。

※中島さんが出ている記事はコチラ
▼デジタル広告運用の負担を減らす新サービス「アド女子」~立ち上げ経緯と今後の展望~

石田
そうだったんだね!どんなこと話したの?

黒澤監督
「なぜコクーなのか?」「何で広告運用がしたいのか?」という内容がメインだったと思います。一次面接でも回答しているものだったので落ち着いて話せました。むしろ、面接官からの質問よりも多いくらい私から実際の業務について質問 をしてしまって、ちょっとしつこいだろうか?と不安になるくらいしました。

「常駐は通常どのくらいの期間行きますか?」
「常駐先は社内の方何人体制で組んでいますか?」
「どのようにして自分の常駐が決まりますか?」など延々と質問していたと思います。

それでも最初から最後まで穏やかで優しいふんわりした雰囲気で答えてくださり、途中からは緊張もなく時には声を出して笑うことも多かったです。

結果的にコクーを選んだ理由

黒澤監督
石田さんの人柄や、話で伺う先輩方の明るさが自分にも合っている気がしたことと、「自責でポジティブ」などの行動指針が評価対象になるほど大切にされていたのでそんな仲間と仕事したいという気持ちが強かったです!

石田
涙通り越して、気絶だわ~www
本当にデジマには自慢の仲間がいっぱいいるから、自信をもって説明したんだよね。伝わっていてすごく嬉しい!!

一次、二次通して面接の感想ってある??

黒澤監督
めちゃくちゃフレンドリーです!
あがり症で緊張しいな私ですが緊張をほぐしてくれるプロと話してる感じでした !

企業理念や行動指針に感銘したことや、広告運用をやりたい思いなど、私が伝えたくて用意してきたこと全て出し尽くせたというか全て話しやすいように聞いてもらったと思います。
そのせいか一次面接も二次面接も終わってみると「楽しかった」という感想です。

面接官の方と実際にお話ししてみて、採用ブログで見た「年齢や経験は関係ない」「未経験でも挑戦する機会を与えてくれる」という部分に説得力が増して「入社したい!」とさらにモチベーションが上がりました。

石田
コクーじゃないといけないという理由を仮に3つ挙げるとしたらなに??

黒澤監督
すごい質問!面接を思い出しますww
すぐ出てきますね~!

■1つ目
これが全てなのですが、企業理念や行動指針で自分の思いを代弁されたように共感した時に直感的に「ここで働かなくては!」と思ったこと。

■2つ目
リクルートサイトでの「年齢や経験は関係ない」 というフレーズで更にエンジンがかかり、「ガッツがある人」 に呼びかけられてたので、「いよいよ私のことだな・・・」と思いました。ガッツには自信があります!

■3つ目
未経験・正社員・広告運用ができるところという私の個人的な希望まで全て取り揃えている奇跡!

コクー以外の選択肢はありませんでした。

石田
監督だからきっと無茶ぶりにも対応してくれると思ったよ!

黒澤監督
コクーが本命で転職活動していたので一次が通過した時は命つながった思いでした(笑)
実は通過の連絡メールが迷惑メールフォルダに振り分けられてしまい、返信に時間がかかってしまい・・・その節は石田さんにご迷惑をお掛けしました<m(__)m>
それでも丁寧に再度のご連絡をくださり、気づいたときは焦って震えながら喜びの返信をしたこと、忘れもしません。

二次面接では対面になるが、新型コロナが心配であればリモートでもOKというお気遣いもいただきました。私は実際に会社を見て、雰囲気を感じたかったので対面を希望しましたが、リモート体制が整っている部分にも安心しました。

一次二次とも面接をしていく中で入社したい思いが強くなっていったので、よりドキドキしましたが毎回いただく連絡が迅速で詳細かつわかりやすい内容となっていたので、そういった点でも他社の選考より安心感がありました。

入社手続きの時に、入江さん(当社代表)が登場w

黒澤監督
アツい方ですよねww
たくさんのアツいお話しを聞きましたが全てに共感しかないくらい「確かにそうだ!!!」と勉強させていただけて、ついていきたくなる方です。

また300人以上いる全社員の名前を把握していると聞いてびっくりしました。それだけでなく私の前職まで覚えていてくださったり、社員一人ひとりに対する愛をすごく感じました。

石田
社員の名前を覚えてるのは私もすごいと思う。そろそろ年齢的に厳しいとは思ってるけどねW

入社前と入社後のギャップ

黒澤監督
印象のギャップは特にありませんが、緊急事態宣言下ということもあり完全リモートで研修を行うのはなかなか難しさも感じました。
困ったときはメッセージで連絡すると先輩方が親身になって助けてくださるので不安とは裏腹にストレスなく研修出来たと思います!それから入社早々に広告案件の面談を経験しました。

「もう!?いきなり!?」とプチパニックを起こしましたが、事前に二次面接を担当してくださった中島さんや先輩が面談の練習を一緒にしてくださったり、既に常駐している先輩からお仕事の内容を共有していただけたので、『一人じゃない!』と安心して面談に挑めました。お陰で企業の方ともいい雰囲気で面談できたと思います。常駐業務が開始するまでは社内業務を少しずつお手伝いして、『常駐だけが全てじゃない』ということも入社してから思いました。

石田
いきなり面談をたしかに驚くよね!これから常駐が始まるから楽しみだね!
いや~いよいよ黒澤監督の時代が来たね!!

今後の展望

黒澤監督
入社間もない私でも、何でもチャレンジしていいよ!とやらせてくれる会社だと感じています。
なので、広告運用やデジタルの分野においてスキルをつけていくことはもちろんですが、今まで人に何かを伝えることや教えることが苦手で避けてきたマネージメントの部分にも積極的にチャレンジしていけたらいいなと思ってます!

石田
いろんなところに手を上げているよね!よく黒澤監督の名前を見るもん!
引き続き黒澤監督ワールド楽しみにしているよ!
そして落ち着いたら、みんなで飲みに行きたいね!!

Message~メッセージ~
これからコクーの仲間になる方へ

長い間派遣社員をやっていて、気づけばもう30歳です。
そんな私でも未経験ながらやりたことに挑戦するチャンスをもらえました!
女性比率が高く女性に優しい環境ですが、逆に女性社会ってこわいと不安に思ったりもしました。
入ってみてからは、サッパリしたパッションのある先輩方ばかりで「かっこいい」と感じており、不安は簡単に払拭されました!

飛び込んでみたらすぐわかるくらい、コクーに入社できて本当によかったと感じているので、もし同じ状況の方がいたら諦めないでー!と叫びたいです。
また年齢や経験関係なく、「いつも新しいことを始めたい」と向上心を持ってる方と良いところの盗み合いっこで高め合いをしていけたら嬉しいです!

▼年齢や経験は不問!!デジタルマーケティング業界にチャレンジしたい方のエントリーをお待ちしています!!

 

■関連記事:「PC一台で稼げる女になります」という名言とガッツをもって入社した珈琲部 副部長”くみちゃん”にインタビュー!

■関連記事:今や常識!”デジタルマーケティング”って一体何!?現役デジマ女子(R)に聞いてみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です