ビールを飲みながら!?デジマ女子(R)が外部セミナーに登壇!!

みなさん、こんにちは!ライターのカズシです^^

コクーのデジマ女子(R)2名が、SB C&S株式会社様、株式会社ジーニー様との共催セミナーに登壇するという情報をキャッチ!
今回、登壇するデジマ女子(R)はこちらの2名です。

プロフィール

ワカコ:入社2年目。「デジマとは?」のブログでも登場したベテランデジマ女子(R)。本社では新規サービスの構築からリードジェネレーション(見込み客獲得)など幅広く担当する傍ら、デジマ女子(R)としてお客様企業のデジタルマーケテイング業務の支援も行う。コクー入社前より10年以上デジタル領域に携わっており、カスタマーサクセス、メルマガサービスのプロジェクトマネジメントや運用ディレクション、業務設計などを得意とする。

プロフィール

くろ子:入社1年目。アパレル業界やインターネット広告代理店の営業を経て、マーケティングの重要性を痛感。これから伸びていくであろうデジタルマーケティング業界に飛び込んでみたいと、未経験でデジマ女子(R)となった。新人ながらも某大手お客様先で活躍中。未経験かつ最年少ながら成長著しい、デジタルマーケティング事業部のホープ。

どんなセミナーなのかとても気になったので、私も同行させていただきました!

<セミナー詳細は下記にて>

【 セミナー名 】

新春 デジマしナイト! ビールと一緒に!これをやったら怒られる! MA運用のNG集
〜デジタルマーケティングツール導入後、最初の3か月でやるべきこと〜

【 日時 】

2020年1月22日(水) 18:30~20:30

【 講演内容 】

・マーケティングオートメーション『MAJIN』・チャットボット『チャモ』のデモを交えながら、活用事例をご紹介いたします。
・失敗しないためのデジマ運用のコツや使用しているツール、ベンダーが教えてくれない運用の秘訣など対談形式で本音トークいたします。

【  対象 】

企業のマーケ部門・事業責任者の皆さま
~特にこれからMA導入を検討されていて、まだMAツールを導入したことがない方~

【 会場 】

WeWork池袋

【 主催 】

SB C&S株式会社

 

「デジタルマーケティングツール導入後、最初の3か月でやるべきこと」、非常に興味深いですね!
では、早速セミナーの雰囲気や印象に残った内容をご紹介していきます。

会場のWeWorkに到着。お洒落な雰囲気。
なんとこの日はビールが飲み放題!セミナーを受講される方々はビール片手にリラックスしたご様子。そのままセミナースタート。

 

まずは、主催のSB C&S株式会社 野島氏より、ご挨拶とセミナーの主旨、共催企業の説明。

野島氏
SB C&S株式会社はソフトバンクグループの一社で、ソフトウェア流通でスタートし、現在はハードウェアも含めたICT商材の流通事業を担っております。今回はジーニーさんのマーケティングオートメーションツールである『MAJIN』、それを活用して運用支援をしているコクーさんのデジマ女子(R)という形のサービス、この2つを組み合わせてどのように課題解決をしているのかをご紹介をさせていただきます。

カズシ(心の声)
なるほど。これは具体的な話が聞けそうだな。

ー『みんながツールを使うという文化』が大事

野島氏
私も現場で課題に思っているのが、『みんながツールを使うという文化』が大事だということです。マーケティング担当者だけではなく、全社絡めて使うことが非常に重要です。日常で LINE などお使いになっている通り、便利なんだから使いこなしてこそなんです。

カズシ(心の声)
早速、MAツール導入にあたってのポイントを聞けました!
普段使っているLINEとかで例えてもらえると一気にわかりやすくなるな・・・

続いて、MAツール『MAJIN』などのマーテックツールを提供する、株式会社ジーニー 石井氏が登壇。

ーコミュニケーションテクノロジー

石井氏
今日お話する内容の主題が「コミュニケーションテクノロジー」です。コミュニケーションテクノロジーという言葉も、これを打ち出してマーテックのツールを提案したり戦略的に営業している会社もまだないと思いますが、当社はこのコミュニケーションテクノロジーといったものを主題に提案させていただいております。何かと言うと、オンラインとオフラインの2つの情報を科学的に分析して業績向上に活かしていきましょう、ということです。

ーオンラインとオフラインのコミュニケーションのすべての情報を一元管理

石井氏
オンラインでいうとチャットボットはチャットボット、MAはMA、CRMはCRM、一方のオフラインではコールセンターはコールセンター、のようにそれぞれがバラバラにではなく、オンラインとオフラインのコミュニケーションのすべての情報を一元管理し、お客様一人一人に見合った情報を提供していければと考えております。

ー最適なコミュニケーションツールを使ってお客さんに最適な情報を

石井氏
コミュニケーションにおける一元管理ができていないがゆえに、お客様から配信停止されてしまうと情報を届ける機会がなくなってしまうので、そういった機会損失をなくすために最適なコミュニケーションツールを使って最適な情報を届けていきましょう。その繰り返しによってCXが向上する、というのが当社の考えです。

ーツールを入れただけだと絶対改善されない

石井氏
チャットツール、MAツール、SFA/CRMツール、などといったツールを導入しただけだと改善されないので、ツールを入れていただいた後の初期設定や活用してく中で最適なシナリオ設計が重要になってきます。これらを含め、要件定義や運用代行などをコクーさんが提供する『デジマ女子(R)』と一緒にやらせていただいております。デジマ女子(R)に入っていただくことで、ツール含めて運用のPDCAをきれいに回していくことができるのではないかと考えております。

カズシ(心の声)
コミュニケーション設計の重要さについて、非常に有益なお話が聞けました!

そして休憩を挟み、いよいよデジマ女子(R)2名が登壇するパネルディスカッションが始まりました。

当日は『slido』というイベントや会議などでインタラクティブにQ&Aやライブ投票を行えるクラウドサービスを活用し、リアルタイムで質問を受け付け、その場で回答していくというスタイルでした。

 

参加型セミナーでは、ビールの勢い(?)もあり質問を多くいただき、大盛り上がり!実際に今後の業務に役立つだろうなという内容もありました。

常駐先の業務を通して感じたパーソナライズの難しさについてという質問に、デジマ女子(R)のくろ子が回答。

ーパーソナライズの難しさ

くろ子
現在、常駐している某金融企業様の顧客に対してメール配信業務を行っています。配信するメール量が非常に多いのですが、配信停止者含めたアンケート結果をみても「メールの量が多くてしつこい」っていう方もいれば、お客様に適していると思って配信するメールも「必要ない」という回答もあります。

また配信対象年齢をちょっとシニア向けにしたいなと思い、実際にその対象年齢の方にメールを配信するのですが、その中には「年寄扱いされたくない」という方もいるので、シニア層だからシニア向けの配信をしたら良いというわけでもないというところに難しさを感じますね。

カズシ(心の声)
未経験でデジタルマーケティング業界に入ってきたはずなのに・・・すごい成長っぷりだな。

つづいて、デジマ女子(R)のワカコへの質問。今日の主題である「デジタルマーケティングツール導入後、最初の3か月でやるべきこと」について

ワカコ
やるべきことはもちろん多いのですが、まずはここからやってほしい『4つのやるべきこと』をお話していきたいと思います。

ーポイント1『ツールの操作マニュアル作成』

1つ目は、ツールの操作マニュアル作成です。自社でツールを使うにあたり、マーケテイングに明るい方もそうではない方でもわかるように、自分たちの言葉でメモ書きベースでも良いので、操作手順をまとめることです。このひと手間により誤ったメルマガを配信することはほぼなくなる、というような操作マニュアルを作ることをおススメします。

ーポイント2『命名規則の設定』

2つ目は、命名規則の設定です。例えば、今日の1月22日開催セミナーの集客であれば、メールやフォーム、キャンペーンを命名する際、冒頭や末尾に「20200122」などとその開催日付を付与するだけです。それだけで管理のしやすさや検索性は向上します。

ーポイント3『チェックリストの作成』

3つ目はチェックリストの作成です。件名やメール本文に誤字や誤った情報が含まれたままの配信を防ぐためのチェック項目や間違っていけないポイントを、Excelでもなんでも良いので作成し、それをチェックリストとして使う運用をお勧めします。

ーポイント4『ツールを操作する作業者のほかに、もう1名確認者を設定』

4つ目はツールを操作する作業者のほかに、もう1名確認者を設定することです。作業者には「自分の設定内容は正しい」という色目があるため、その設定内容を客観的にみる確認者を配置する、最低でも2名による体制構築をおススメします。

カズシ
現場で日々切磋琢磨するデジマ女子(R)からは、実際業務に携わらないとわからない貴重な意見やノウハウを聞くことができました。
今後もデジタルマーケティングに関係するセミナーを定期的に開催してまいりますので、ご興味がある方は是非ご気軽にお越しください!
当社SNSやHPにて開催情報をご案内しております。

■当社SNS

 

 

 

■当社HP

 

 

今後のデジマ女子の活躍が気になるので、また次回のセミナーも同行したいと思います!

次回のセミナーレポートもお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です