『第三回 NIKKEI全国社歌コンテスト』にリベンジ!~プロジェクトメンバーが制作を振り返る!~(後編)

第三回NIKKEI全国社歌コンテストに社歌”for me, for you.”の新バージョンで応募したコクー。そしてそのために結成された社歌プロジェクトチーム。前編では社歌”for me, for you.”の魅力、MVの見どころを中心にお話しました!後編では制作の裏側について具体的なエピソードを交えてお話していきます!

カズシ
ぬおおおおぉ!みなさん!前編見てくれましたか!!まだ見ていない方は下記リンクからどうぞ!!

▼前回までの記事
『第三回 NIKKEI全国社歌コンテスト』にリベンジ!~プロジェクトメンバーが制作を振り返る!~(前編)

社歌プロジェクトメンバー プロフィール

ゆっぴ(写真:左から1番目)
入社日:2019年11月1日
所属:EXCEL女子事業本部
プロフェッショナルサービス部から最近人事グループへ異動。ヘルスケア部部長。
カラオケ好きなので、早くカラオケで社歌を歌いたいと思っている。

カズシ(写真:左から2番目)
入社日:2015年10月1日
所属:カルチャー推進室
元バンドマン。元ネットワークSE。元広報。写真部部長。その他多数部活掛け持ち。
社歌プロジェクト最優秀賞受賞にこだわっており、昨年からリベンジに燃えている。

はぴちゃん(写真:左から3番目)
入社日:2021年1月15日
所属:デジタルマーケティング事業部
平日はデジマ女子、休日はピアノの先生。前職の音楽教育ベンチャーでピアノの先生をする傍ら、業務で動画編集の技術を身に着ける。

シキ(写真:左から4番目)
入社日:2020年2月1
所属:ITインフラ事業本部
元バンドマン。前職もネットワークSE。軽音部副部長。ドラムとメタルをこよなく愛する。

ナーシー(写真:左から5番目)
入社日:2021年1月15日
所属:デジタルマーケティング事業部
土日を中心にシンガーソングライター(&CITY)として活動中。デザイナー歴9年。
ワイン部、軽音部、ヘルスケア部に所属。

駿太(写真:左から6番目)
入社日:2019年8月1日
所属:カルチャー推進室
元ヴィジュアル系バンドマン。元運送会社営業所長。
高校の同級生であるヤマのPIでコクーにジョインし、VeXUS研修を経てネットワークSEに。
その後、会社を盛り上げたい想いからカルチャー推進室へジョイン。

くらら(写真:左から7番目)
入社日:2021年5月15日
所属:EXCEL女子事業本部
新卒で飲料メーカーに就職。生産管理業務を経験した後、コクーへ転職。
現在は保険会社に常駐し、主にVBAでのツール作成による業務改善を担当している。

さんちゃん(写真:左から8番目)
入社日:2020年9月1日
所属:ITインフラ事業本部
入社してすぐにコクー表彰式でMVPを取ってしまう模範的な存在。軽音部、写真部に所属。

社歌プロジェクトで1番頑張ったこと・苦労したこと

カズシ
みなさん前編では社歌”for me, for you.”の魅力についてお話をいただきありがとうございました!後編もよろしくお願いします!!

一同
よろしくお願いしまーすっ!!

カズシ
それでは早速。これだけのMVを作るからには相応の努力がある…!ということで、制作の中で1番頑張ったこと、苦労したことを聞かせてください!

ゆっぴ
今回は小道具の準備も担当させていただいたのですが、コストを抑えつつもおしゃれっぽく演出できるアイテムを探すのに苦労しました!

▲ゆっぴが用意してくれたケーキと料理

カズシ
ホント一人でほぼ全部準備してくれたよね!料理やケーキ、カレンダーも全部素敵すぎました!!

ゆっぴ
ありがとうございます♪それから今回は、ジンバルという手ブレを抑える機材を使った撮影にチャレンジした場面があったのですが、機材の重さに負けて思ったように撮影できなかったことが悔しかったです。筋トレしとけば良かった…。

▲ジンバルを装着したカメラ

くらら
重たそうにしながらも頑張っているのを見ていて、すごく大変そうだなと思いました!裏方準備、撮影、出演と多くのことをやり遂げていて本当に尊敬です!

駿太
僕も少しだけジンバルの撮影をお手伝いしましたが、体の大きい僕でもかなり辛いものがありました(笑)

さんちゃん
去年私がジンバルを天井ギリギリの高さに構えて走りながら撮影したのを思い出します!あれは重くて辛かった(笑)
あとはMVのラストに部屋に「HAPPY BIRTHDAY」というバルーンが映るシーンがあると思いますが、私が飾り付けました!可愛い感じなので女性がやったのかと思われそうですが(笑)

(さんちゃん)

はぴちゃん
え!そうなんですか!私ハウススタジオの撮影いなかったのでゆっぴさんがやったのかと思ってました(笑)
私はかなり貢献したと自負していることがありまして…それは「バンド演奏シーン撮影日に太陽を呼ぶこと」です!!(笑)

(はぴちゃん)

一同
それなっ!!!!!!!

カズシ
ホントだね!実は撮影当日の朝すごく天気が悪くて、ギリギリの時間まで決行か延期か判断に迷ってたんだよね。

ロケ地に近いメンバーから少し晴れてきたと連絡がきて、晴れ女がいるって話も出たので決行に踏み切りました!その結果…

見事晴れた!(笑)

はぴちゃん
私、ここぞ!というお出かけの時に雨が降ったことがないんです。遠足、運動会、ディズニーランドに旅行などなど…。だから撮影の日の朝、思いましたよね。
私が太陽、呼んでやるよ!って。

一同
かっけぇ…!!

駿太
あとは作品全体のことですが、コクーが魅力あるチームだということを具現化しつつ、MVとしても美しい作品に仕上げるというのはバランスが難しかったです。夕陽をバックに演奏シーンを撮る!という構想に至るまで、実は1人であちこち歩き回って写真や動画を撮りまくってロケハンしていました!

ナーシー
駿太さんの努力が形となった作品になりましたね!
私は出演依頼に対して二つ返事したものの、MVで主演を務めることへの不安が日に日に募っていきました。『若くもない、見た目もそんなに良くない私がやっていいのだろうか…他に綺麗な社員が沢山いらっしゃるのに…荷が重い…』なんて思いがあり…。

いざ、撮影が終わってこれから編集というタイミングでその不安が爆発してしまい、統括のカズシさんと駿太さんに「なるべく映りの良いカットだけ繋いで形にしてください!」と無茶なオーダーをしたんですが、お二人は嫌な顔一つせず、一緒にカットを選ばせてくれて、気持ちも盛り上げてくれて…。最終的に素敵なMVに仕上がったので、参加して良かったと心から感じています。

カズシ
いやいや、何をおっしゃる!そもそもこのMVはナーシーありきで構想ができたようなものだし!美しいボーカルと演技力。そして何より演奏シーンの表現力。リハーサル無しの一発目であの動き。全員一致でびっくりしました。

(カズシ:写真右)

一同
それなっ!!!!!!!!

カズシ
初めて演奏シーンでカメラ回した瞬間、「これはいい作品になる」と確信しました。ナーシーが引き受けてくれて本当に良かった。改めてありがとう!

社歌プロジェクトで印象に残っているエピソード

カズシ
制作を通して印象に残っているエピソードはありますか?

ナーシー
演奏シーンのロケです。雨予報をはぴちゃんが見事吹き飛ばし、地元の方の温かい視線を浴びながら、思い切りMV撮影できて楽しかったです。ここではシンガーソングライターとしての経験が少し活かせたかな、と自負しています。

(ナーシー)

くらら
私も演奏シーンです!たまたまロケ地の公園に来ていた一般の方が、演奏していると勘違いして集まってくれて、拍手までしてくれてほっこりしました(笑)

はぴちゃん
私は「音楽が大好きな人と1つの作品を創れた」ということです。クラシック音楽一筋で学んできた高校、大学時代は、友人と狭い練習室に集まって自分の練習そっちのけでアンサンブルや連弾、2台ピアノの楽譜を広げて遊んでいました。けれど、社会人になって、忙しさを理由に自分から音楽に触れることを諦めてしまったんです。

コクーに入社して、こうしてお声がけいただいたことで、ジャンルは違っても「音楽」というものを心から楽しみ、愛する新しい仲間ができたような気がして。とても嬉しかったと同時に、あの頃の自分に戻れたような感覚がたまらなく刺激的でした。

ゆっぴ
エピソードとはちょっと違うかもしれませんが、制作を通して感じたのはプロジェクトメンバーの超熱い想いですね!楽曲作成・レコーディング・撮影・編集まで、「まぁいっか」で終わらせたところが1つもなかったと思います。

シキ
それ共感しますね。社歌プロジェクトの全体に言えることですが、良い意味で”遠慮がないチームでした。会社のメンバーだと遠慮しがちだったり、自然と全体の流れが中心人物の意見に寄りがちだったりすると思います。

しかし、社歌プロジェクトのメンバーは、ただひたすらに良い作品を創りたいというレベル感で「こっちの方が良いんじゃないか?これだと良くない」とか、先輩後輩も関係なく正直な意見がいつも飛び交っていました。才能と才能がぶつかり合って科学反応を起きた結果、良い作品が生まれたと思います。このバチバチな感じで行われる”ものづくり”が本当に喜びに満ち溢れていて、メンバーのプロジェクトへのモチベーションの高さがとても印象に残っています。

(シキ:写真右)

駿太
そうだね。本当にそう思う。普段温厚なカズシさんが楽曲のアレンジしてる時は鬼の形相だったもんね(笑)あとはどのシーンの撮影も常に皆笑顔だったことが印象深いですかね。出演者も、その場に居合わせた人も、皆とにかく笑っていて、歌詞にもある通り“大切な仲間がここにはいる”と感じられる瞬間でした!

カズシ
最高か。

MVをご覧になった方々へメッセージ

カズシ
最後に今回のMVをご覧になった方々へメッセージをお願いします!

ゆっぴ
まずはご覧いただきありがとうございます!MVのストーリーを通じて、コクー入社前と入社後で主人公の生活ががらっと変わっていることを感じていただけたかと思います。

私自身、コクーに入社してからイキイキと働くことができ、自分のことが好きになりました!元々自分大好き人間ですが、更にです!MVを見てくださった方々にも、MVを見る前と見た後で何か少しでも気持ちや考え方にポジティブな変化が訪れると良いなと思っています。

さんちゃん
ご覧いただきありがとうございます!入賞に向け、是非投票をお願いします!!

はぴちゃん
MVを観てくださりありがとうございます!多くの社員が想いを込めて撮影や制作に携わりました。そういった暑苦しいほどの熱い想いが伝わっていたら幸いです。新しいアレンジも乞うご期待ですね!!

くらら
細部までこだわって制作していたのを傍で見ていて、社歌プロジェクトメンバーの想いの強さに驚きました。この想いがご覧になった皆さんにも届くと嬉しいです!

シキ
観る度に新しい発見があるように作られているので何度も観て下さい!!

ナーシー
心を込めて歌い、演じました。少しでも、コクーを知って頂くきっかけになったり、興味を持っていただく方が増えたりしたらいいなと思っています。ありがとうございました!

駿太
通ってきた道も違ければ、現在の環境も違う人間が集まり、各々の感性と才能をぶつけ合ってこの作品が生まれました。多様性に富んだ参加メンバーに唯一共通しているのはこの会社を愛していることだと思います。

こういった必ずやらなければいけないことではない取り組みに対して、本気のエネルギーを注ぐ社員がいて、それを全力でバックアップしてくれる。コクーはそんな会社です。MVを見て楽しそうなチームだな、と思ってもらえたら幸い至極。次は君がその一員になる番だ!

カズシ
みんなありがとう!!
次は受賞して集まりましょう!!!
最後まで読んでくださった方々、ぜひ社歌”for me, for you.”を応援してください!

 

★今回の作品はこちら!
コクー株式会社 社歌 “for me, for you.” 2021

投票はこちらから!!

★前回の記事はこちら!
『第二回 NIKKEI全国社歌コンテスト』に挑む!~① 社歌「for me, for you.」とは?~

『第二回 NIKKEI全国社歌コンテスト』に挑む!~② 「社歌プロジェクトチーム」映像制作の裏側お見せします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です